TEL

むちうち・交通事故治療 | 新宿ライオンハート整骨院│新宿区西新宿・肩こり・腰痛・骨盤矯正・整体・スポーツ障害・むちうち交通事故治療

お問い合わせはこちら

むちうち・交通事故治療

新宿で交通事故治療・むちうち治療をお探しならば、新宿ライオンハート整骨院へ

新宿で交通事故治療に強い、新宿ライオンハート整骨院では、超音波やハイボルテージなどの痛みや炎症を速やかに取り除く、患部への物理療法と、自動車事故のむちうちで受けた衝撃からくる、全身への影響を考慮した整体・マッサージ・骨盤矯正などの手技療法を組み合わせて、患者様の痛みの早期回復を目指していきます。自賠責保険適用で治療費は0円ですので安心して治療に専念してください。

ストレートネック,整体,肩こり,矯正

交通事故や自動車事故で、むちうち・腰痛・坐骨神経痛・手足のしびれ・背中が痛い・首が痛い等でお困りの方は、自賠責保険・自動車保険の適応で治療費自己負担0円で治療を受けることができます。現在、他の整骨院・接骨院・病院・整形外科に通院している患者様も転院して治療を受けることは簡単にできます。保険会社との交渉や示談も専門の弁護士がおりますので安心してご相談下さい。新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院は交通事故治療を得意としています。交通事故の腰痛・鞭打ち・むちうち・むち打ち・背中の痛み・首の痛み・手足のしびれ・頭痛などがあるようでしたらぜひご来院ください。「病院・整形外科で薬と牽引しかしない」という患者様から好評です。交通事故のむちうち・腰痛・背部痛・手足のしびれ・頭痛などの治療は交通事故直後から換算して1か月~3ヶ月以内に完治することを目指しています。たまに半年も1年も治療を受けたがる患者様がいますがそういった患者様は精神的な被害者意識が作り出すものが多いように思われます。新宿区西新宿の新宿ライオンハートでは交通事故専門の顧問弁護士と提携しておりますので被害者・加害者間のトラブルについてもサポートすることが可能です。交通事故の示談交渉などがうまくいかないと心が安心せず不安状態で被害者意識やストレスがなくならずに体の治癒力が発揮されません。とくに交通事故のむちうち症状などは頭部に強い衝撃が加わるためにトラウマ的な心理状態を作ることがあります。そのような場合には一刻も早く病院や整形外科・整骨院・接骨院なども治療機関にて治療を受け、早期治療・早期回復を目指してください。

交通事故むちうち治療をお探しなら新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院にお越し下さい

交通事故の怖いところは、負ってしまう怪我が重症な場合が多いので「後遺症」が残ってしまう可能性があるというところです。後遺症を残さないようにしっかりとした根本治療を受けられる病院・整形外科・整骨院・接骨院などの医療機関で治療やリハビリを受けてください。
東京都新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院では、交通事故による怪我を病院・整形外科と同様、治療からリハビリまでしっかりと行う事が出来ます。
東京都新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院では、病院・整形外科で使用されるレントゲンなどの検査機器では、診断できない怪我を「柔道整復師」という国家資格保持者がしっかりと見つけだします。当院は手技療法を初め、運動療法、物理療法などを用いて根本的な治療を行っていきます。
当院の治療は様々な怪我にも対応できますので、一人一人に合ったオーダーメイド治療を行います。
「治らないからいいや」「治療してもらっても症状が改善しないからいいや」と思っている人はぜひ東京都新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院までご相談くださいませ。大江戸線の新宿西口駅より徒歩1分。

交通事故の治療は継続しての通院が効果的です。なるべく1か月~3ヶ月を目安に完治するとことを目指しています。そのため日常通院しやすい医療機関がおすすめです。病院や整形外科は日曜日や祝日は診療していないところが多いですが、新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院は日曜診療・祝日診療も行っておりますので、お忙しくて時間がない患者様にも大変喜ばれています。

むち打ち症・むちうち治療の一般的期間と通院回数

むち打ちの治療期間は、症状によりますが、軽症の場合で1~3ケ月、長期の場合で6ヵ月程度です。病院や整形外科で医師が書く診断書に、『10日間の加療を要する見込み』と記載されている軽症の場合であっても、完治するまでには3ヶ月程度かかることが多いと言われています。

また長期化する要因として

①身体的な理由( 頸椎の老化現象 や後縦靱帯骨化症、脊柱管狭窄症等の疾患)

②精神的・心理的な理由(むち打ちの場合、精神的・心理的な理由で症状が長引く場合が多いと言われています。)各自症状による パニック傷害での「PTSD」に移行もあります。現実に症状が存在しており、それが本人も気がつかない心理的なからくりによって発生していると言うことです。交通事故後、むち打ちで「うつ病」になる場合もあります。長期にならないように、治療の間隔を空けず、治療効果が続くように治療を継続しましょう。 痛みがひどい時には2日に1度、月間で15日以上通院治療を受けることも決して不自然なことではありません。十分に治療を受けることが早期の快復には不可欠と言えます。

新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院では、病院や医師の診断書に基づきながらも、むち打ち患者様の早期回復を目指して最適なサポートをさせていただきますのでまずはお気軽にご相談ください。

病院や整形外科から新宿ライオンハート整骨院へ転院するには?

『整骨院へ転院するためには、医師の許可が必要?』『病院に紹介状をもらう必要がある?』『保険会社から「整骨院へ転院するなら、医師に同意書を書いてもらって下さい。」と言われる?』必ずしも必要ではありません。
交通事故の被害者は自賠責保険によって治療を受ける権利が補償されています。この自賠責保険の保障内容には、整骨院(接骨院)での柔道整復師による施術費用に関して支払基準が明記されています。従って、被害者である患者様が整骨院の治療を希望した場合、基本的には保険会社はこれを拒否することはできません。しかし、自由に通院しても構わないということではありません。注意深く対処することが必要です。

交通事故の治療では、整骨院(接骨院)での施術は、医師による医学的診断に基づいて行われることが前提となっており、医師の診断を受けていない状態では整骨院(接骨院)の施術を受け続けることはできません。ここでいう診断とは、初期の診断だけを指すのではなく、全治療期間に渡って継続的な医学的診断を言います。つまり、整骨院へ転院する場合でも、病院・整形外科での通院治療・診察を併用することになり、医師が整骨院(接骨院)で施術を受けることを、全く認知していないということは望ましい状態とは言えません。病院・整形外科では、外科的手段や薬品投与等の方法で治療が為されますが、整骨院(接骨院)での施術は、医療補助的方法により回復を図ることを目的として為されるということです。治療期間中、医師の診察・診断を継続的に受けながら、日々の治療として整骨院(接骨院)を利用することが、安心して十分な治療を受けるということに繋がると言えるでしょう。もし転院をご希望の方は、新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院にまずはお気軽にご相談ください。

交通事故の豆知識

自転車事故でも交通事故保険は適用!?
バイク事故は重症が多い…
自賠責保険(交通事故保険)とは?
交通事故で病院を利用中の方へ
新宿は交通事故の発生件数が多い!?
交通事故は後遺症に発展しやすいので要注意
交通事故は医療機関の転院が可能