TEL

自賠責保険とは? | 新宿整骨院 | 新宿ライオンハート整骨院≪保険取扱い≫

お問い合わせはこちら

自賠責保険(交通事故保険)とは?



公道を走る自動車やバイクなど、全ての車両に加入が義務付けられているのが強制保険と呼ばれる「自賠責保険」というものです。自賠責保険というのは、最低限の補償が受けられるように国が定めている制度です。もう1つ任意保険というものがあるのですが、これは自賠責保険では補償されない部分も補償してくれるための保険で、約8割の方が加入していますが、必ず加入しなければいけないというわけではありません。

新宿区西新宿の新宿のライオンハート整骨院にて怪我の施術をしていただくという場合には、施術費はすべて自賠責保険から支払われ、お客様ご自身での窓口負担はありませんのご安心して施術に専念できます。
また、自賠責保険のお手続きをするのが初めてという方ですと、何をすれば良いのか、必要な書類や保険会社とのやり取りなど分からずに不安を感じることがあるかと思います。新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院ではそのような難しいお手続きや、やり取りに関しましてもサポートを行っておりますのでお任せください。

面倒な手間、精神的な負担を抱えることなく、しっかりと交通事故施術に専念していただける環境を整えております。また、病院や整形外科と併用しての交通事故むちうち施術も可能ですので一度ぜひご相談ください。

自賠責保険は必ず加入すべき強制保険

自賠責保険は、自動車やバイク(二輪自動車及び原動機付自転車)を運行する場合に、自動車事故による被害者を救済する目的があります。加害者が負うべき経済的な負担(損害賠償金)を補てんするために、「基本的な対人賠償を補償すること」を目的としており、すべての自動車に加入が義務付けられています。つまり、原動機付自転車(原付バイク)を含むすべての自動車は、自動車損害賠償保障法に基づき、自賠責保険(共済)に入っていなければ運転することはできません。無保険運転は違法です。

自賠責保険と任意保険との違い

交通事故の被害者は加害者に対して損害賠償が請求できますが、交通事故の損害賠償額は非常に高額となるケースが多くなります。もし死亡事故だった場合、損害賠償額は1億円を超えることもありますので、加害者は支払いきれない多額の負担を負うことになりますし被害者としても十分な損害の填補を受けられない恐れもあります。そこで、最低限の損害賠償を補償するためにあるのが自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)ですが、自賠責保険だけでは補いきれない損害を埋めるために加入するのが、各保険会社が提供している任意保険です。自賠責保険は最低限度の損害填補保障のための保険です。そのため保険金や損害賠償金の金額は120万円という上限が定められており、自動車事故によって生じたすべての損害を填補しきれないという場合もあり得ます。そのため,人身事故などで自賠責保険では不足している部分を任意保険が填補するという関係にあります。そのことから,自賠責保険を「下積み保険」といい,任意保険を「上積み保険」とか「上乗せ保険」と呼ぶこともあります。