TEL

スポーツ障害(テニス肘) | 新宿整骨院 | 新宿ライオンハート整骨院≪保険取扱い≫

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 手足のケガの記事一覧

スポーツ障害(テニス肘)

2018.11.05 | Category: アスリート施術,手足のケガ

スポーツ障害(テニス肘)

新宿ライオンハート鍼灸整骨院では、テニスにおける肘の痛みの治療を行っております。テニスは、全身のバネを使ったスイングが必要なスポーツです。 知らず知らずのうちに肩甲骨まわりや股関節が固くなっていたり、身体にゆがみがあるといった症状を抱えてしまっていると、軸にブレが出てしまったり、思うようなスイングが出来なくなることがあります。

当院での治療を行うことで、肩甲骨まわりや股関節の可動域を広げ、身体の歪みを取り、軸のしっかりとしたスイングを行えるようになると、プレイ自体が変わります。練習や試合で、身体の不調や疲れを感じた際に、一度治療を受けられてはいかがでしょうか。

テニスなどのラケットを使用するスポーツでよくある「テニス肘」は、「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」のことを言います。手関節の伸筋などに負担がかかり、筋の 変性や骨膜の炎症が起こります。バックハンドで腕を振ると外側の筋肉、フォアアンドで腕を振ると内側の筋肉に痛みが生じます。また、これらの症状はテニスだけで起こるものではなく、他のスポーツや、日常の家事・育児でも起こることがあります。スポーツ障害を起こす大きな原因は筋肉に起因していることがほとんどです。この筋肉の状態を改善することによって、ほとんどのスポーツ障害は改善できると考えています。 当院では各症状に合わせて、まずヒアリングを実施し、それから適切な施術を施すようにしています。

新宿ライオンハート鍼灸整骨院では、患者様の症状の程度やお身体の状態に合わせて効果的な施術を組み合わせていきます。運動をしばらく控えて、治療に専念していただくことで素早い回復を臨むことが出来ます。
また、痛みがあるときだけではなく、普段から試合前後の身体のケアとして、新宿ライオンハート鍼灸整骨院にて施術を受けていただくことによって、一部分にばかりかかってしまっている負担を取り除いて痛みの予防をしていくことも可能です。患部だけではなく、全身の関節や骨格などを調整していくということも大切な施術の一つになります。

捻挫の一般的な分類

2018.11.05 | Category: アスリート施術,手足のケガ

捻挫の一般的な分類

捻挫とは外傷によって関節が動く範囲以上に強制されて動いてしまい、靭帯が損傷してしまう事を言います。
一般的には、日常生活では段差のある所で足を捻ってしまったり、バレーボールやバスケットボールなどジャンプする動作の多いスポーツなどで受傷することが多いです。
よくある「足首を捻った」状態である足首の捻挫のほとんどが、内側に捻ってしまい前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯と呼ばれる外側のくるぶし付近にある靭帯を損傷することが多いです。外側に捻ってしまう場合、三角靭帯と呼ばれる靭帯を損傷してしまう可能性がありますがとても強靭な靭帯のため起こりにくく、剥離骨折をおこしているケースがよく見られます。

【捻挫の症状】

捻挫をしてしまった場合、腫脹・熱感・痛みを伴います。 靭帯が損傷したことで関節周囲の血管が切れてしまい内出血を起こし、腫れてきます。腫れてくることで炎症が起きて発痛物質が作られ痛みを感じます。

【足関節捻挫の分類】

捻挫の程度は一般的には3つに分類されています。

第1度:靭帯の一部の断裂で、痛みや軽度の腫れがあります。
第2度:靭帯の部分断裂で、腫れや関節の運動も制限されます。
第3度:靭帯の完全断裂で、関節が不安定であり、症状すべての程度が強いです。
1度〜2度の損傷だと約3週間は治療期間が必要です。3度になると固定をする期間が長くなるので治療期間がさらに長くなります。

肉離れのリハビリと予防法

2018.10.25 | Category: アスリート施術,手足のケガ

スポーツで肉離れを起こしたら(保険適用)

 

【おもな肉離れのリハビリメニュー】

 

ジョギングによる肉離れのリハビリ

近年ではジョギングを趣味としている人が増えてきましたが、その分トラブルに見舞われてしまう人も多くなっています。特にジョギングでは急に運動をしたり、いつも以上に頑張ってしまって肉離れを起こしてしまう人もいます。肉離れを起こしてしまった場合は必ず病院を受診し、医師の指示を受けて下さい。通常3日から4日で痛みが落ち着いてくるので、痛みが良くなってきたら仰向けに寝て、痛みがある足の太ももの裏を両手で抱えて筋肉をゆっくり伸ばします。次にうつぶせに寝て、痛みがある足をゆっくり上に上げます。この時無理をして足を上げ過ぎてしまうと筋肉に負担がかかってしまうので、ゆっくりと行って下さい。徐々に筋肉に負担をかけてリハビリを行いますが、決して一度に行わない様に注意して下さい。

 

水泳による肉離れのリハビリ

肉離れが起きた場合、リハビリには水泳が適しています。水泳は水の中で行う運動なので、当然水に入ると体が浮く「浮力」が働きます。浮力で体が軽くなり、通常の運動と違って体に負担がかからないので、肉離れのリハビリで激しい動きがまだできない場合、水泳はリハビリ用の運動として効果を発揮します。さらに水泳は水圧によって運動しながらのマッサージ効果もあるので、しばらく運動できなかった体の筋肉をほぐすことができます。ただし体に負担がかからないからといって、激しく泳ぐのは危険です。水中を歩くなどの軽めの運動で回復具合の様子を見ましょう。そして、水中でストレッチを温水プールですることをおすすめします。温かさで筋肉をやわらかくするのに効果的です。

 

自転車を利用する肉離れのリハビリ

肉離れが起きた際、足のリハビリを行うのに適した運動は自転車をこぐことです。自転車をこぐ行為は、運動量は多いですがランニングやウォーキングに比べて疲労を感じさせることがなく、スムーズにリハビリ運動を行うことができます。実際に自転車をこぐのも良いですが、ジムなどにあるエアロバイクも効果的です。エアロバイクの場合、雨が降った場合でも室内でできる運動で、お金に余裕があれば購入して自宅で運動をすることもできます。ジムなどにあるエアロバイクは、使用する人の運動量によって負荷のかけ方も調節することができるので、肉離れにより通常より激しい動きができない人でも、自分のペースに合わせた運動を無理なくすることができます。

 

 

自分でできる肉離れの対処法

肉離れを起こしたときには、安静にしましょう。まずはこれが大事です。急性期には患部を冷やしたり圧迫・挙上することで痛みが和らぐことがあります。 いずれにせよ、まずは整形外科や病院、整骨院接骨院の先生に相談し的確な施術を受けてください。

 

肉離れの予防のためには、歩行運動やマッサージを行い、日常的な動作の中で筋肉を使う場面を増やしたり、筋肉をほぐしておいたりすることが効果的です。 激しいスポーツをする人の場合には、目的の動きに必要とされる筋力を十分に身につけられるようトレーニングをしましょう。スポーツの前後には入念なストレッチを行い、筋肉を柔軟にしておくことが求められます。必要に応じて、激しいスポーツを行う際には、専門家の指導を受けるものいいでしょう

肉離れの原因

2018.10.25 | Category: アスリート施術,手足のケガ

肉離れの施術は、新宿ライオンハート整骨院では保険適用となります。

 

肉離れの原因

肉離れを起こしやすい筋肉にふくらはぎの筋肉「下腿三頭筋」があり、ジャンプの踏み切りや、全力疾走をしているときなどに起こります。下腿三頭筋は膝の裏から始まり、アキレス腱となって踵の骨についており、地面を蹴ったりつま先立ちをするときなどに足首を動かす作用を持っています。ここでは、ふくらはぎの筋肉を例に肉離れの原因について紹介します。

 

1筋力不足や筋肉の疲労

肉離れは筋肉が引き伸ばされる力に対し、筋肉が収縮する力が負けてしまうことで起こります。ジャンプの踏み切りの瞬間は足首が深く曲がり、ふくらはぎの筋肉が引き伸ばされます。その時に、引き伸ばされる力以上の力で筋肉を収縮することができれば、肉離れを起こすことはないのですが、筋力が不足していて収縮する力が負けてしまうと筋肉が断裂してしまいます。
また、試合や練習で疲れた状態で、いつもと同じように踏み切ろうとしたときも、いつものような筋肉の収縮ができないため、筋断裂を起こしてしまいます。

 

2柔軟性の不足

筋肉が収縮する力に対して引き伸ばされる力が大きいときに肉離れを起こすと言いましたが、引き伸ばされても筋肉の伸張性が高く、ゴムのようにのびて切れることがなければ肉離れを回避することができます。そこで、重要なのが筋肉の柔軟性です。

スポーツの前にしっかりとしたストレッチや準備運動を行っておらず、筋肉の伸びや血流が悪い状態で激しい動きをすると筋肉が引き伸ばされることに耐えることができません。ですから、日頃からストレッチをしっかりとして柔軟性を高め、特に運動前には念入りに筋肉の柔軟性を高めておくことが重要です。

 

3気候の変化

冬は夏に比べて体が硬いことを実感したことのある人もいるかと思いますが、いくら柔軟性を高める努力をしていても、気温が低いときは血流がよくなりにくく、筋肉も柔らかくなりにくい環境になります。ですから、いつもと同じストレッチや準備運動をしていても夏に比べて冬は肉離れの危険性が高くなりますので、注意が必要です。

 

また、一般的に肉離れは「クセになる」ことがあるもので、一度損傷を起こした部位が再び損傷を起こすことも珍しくはありません。痛みが引いても完治していない状態が多いので、治っていると自己判断して肉離れが起こる前と同じような運動を行い、同じような肉離れを再発させる人も多い症状です。完治したと自己判断することはやめ、病院や整形外科、整骨院、接骨院の先生と、運動を再開する時期を相談するようにしましょう。

腱鞘炎による手首や肘の痛み

2018.10.15 | Category: 手足のケガ

腱鞘炎でお困りなら、新宿ライオンハート整骨院におまかせください!

腱鞘炎には痛み止めや湿布などの、一時的な処方では効果がありません。腱鞘炎の痛みを根本的に除去しなければ、痛みは慢性化してしまうのです。腱鞘炎は、手首、肘、指など仕事や趣味でよく使う箇所が痛みますので、腱鞘炎になってしまうと動作の一つ一つに痛みが生じてしまいます。腱鞘炎かどうか分からない場合でも、指や手首などに違和感があれば早期施術を開始した方が良いでしょう。新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院は腱鞘炎をはじめとする痛みの施術に特化した接骨院です。腱鞘炎による手首痛・肘痛・肩痛・腰痛・首の痛みでお悩みならば、当院の根本施術をお試しください。超音波やハイボルテージなどの痛みを速やかに改善する最新医療機器と、筋肉と関節に行う手技療法が効果的でおすすめです。病院や整形外科の施術はシップや飲み薬だけで満足できない方は、新宿ライオンハート整骨院にぜひご来院ください。また、腱鞘炎は各種健康保険適用ですので初めて来店されるときには健康保険証をご持参ください。