TEL

スポーツ障害(テニス肘) | 新宿整骨院 | 新宿ライオンハート整骨院≪保険取扱い≫

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

スポーツ障害(テニス肘)

2018.11.05 | Category: アスリート施術,手足のケガ

スポーツ障害(テニス肘)

新宿ライオンハート鍼灸整骨院では、テニスにおける肘の痛みの治療を行っております。テニスは、全身のバネを使ったスイングが必要なスポーツです。 知らず知らずのうちに肩甲骨まわりや股関節が固くなっていたり、身体にゆがみがあるといった症状を抱えてしまっていると、軸にブレが出てしまったり、思うようなスイングが出来なくなることがあります。

当院での治療を行うことで、肩甲骨まわりや股関節の可動域を広げ、身体の歪みを取り、軸のしっかりとしたスイングを行えるようになると、プレイ自体が変わります。練習や試合で、身体の不調や疲れを感じた際に、一度治療を受けられてはいかがでしょうか。

テニスなどのラケットを使用するスポーツでよくある「テニス肘」は、「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」のことを言います。手関節の伸筋などに負担がかかり、筋の 変性や骨膜の炎症が起こります。バックハンドで腕を振ると外側の筋肉、フォアアンドで腕を振ると内側の筋肉に痛みが生じます。また、これらの症状はテニスだけで起こるものではなく、他のスポーツや、日常の家事・育児でも起こることがあります。スポーツ障害を起こす大きな原因は筋肉に起因していることがほとんどです。この筋肉の状態を改善することによって、ほとんどのスポーツ障害は改善できると考えています。 当院では各症状に合わせて、まずヒアリングを実施し、それから適切な施術を施すようにしています。

新宿ライオンハート鍼灸整骨院では、患者様の症状の程度やお身体の状態に合わせて効果的な施術を組み合わせていきます。運動をしばらく控えて、治療に専念していただくことで素早い回復を臨むことが出来ます。
また、痛みがあるときだけではなく、普段から試合前後の身体のケアとして、新宿ライオンハート鍼灸整骨院にて施術を受けていただくことによって、一部分にばかりかかってしまっている負担を取り除いて痛みの予防をしていくことも可能です。患部だけではなく、全身の関節や骨格などを調整していくということも大切な施術の一つになります。

捻挫の一般的な分類

2018.11.05 | Category: アスリート施術,手足のケガ

捻挫の一般的な分類

捻挫とは外傷によって関節が動く範囲以上に強制されて動いてしまい、靭帯が損傷してしまう事を言います。
一般的には、日常生活では段差のある所で足を捻ってしまったり、バレーボールやバスケットボールなどジャンプする動作の多いスポーツなどで受傷することが多いです。
よくある「足首を捻った」状態である足首の捻挫のほとんどが、内側に捻ってしまい前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯と呼ばれる外側のくるぶし付近にある靭帯を損傷することが多いです。外側に捻ってしまう場合、三角靭帯と呼ばれる靭帯を損傷してしまう可能性がありますがとても強靭な靭帯のため起こりにくく、剥離骨折をおこしているケースがよく見られます。

【捻挫の症状】

捻挫をしてしまった場合、腫脹・熱感・痛みを伴います。 靭帯が損傷したことで関節周囲の血管が切れてしまい内出血を起こし、腫れてきます。腫れてくることで炎症が起きて発痛物質が作られ痛みを感じます。

【足関節捻挫の分類】

捻挫の程度は一般的には3つに分類されています。

第1度:靭帯の一部の断裂で、痛みや軽度の腫れがあります。
第2度:靭帯の部分断裂で、腫れや関節の運動も制限されます。
第3度:靭帯の完全断裂で、関節が不安定であり、症状すべての程度が強いです。
1度〜2度の損傷だと約3週間は治療期間が必要です。3度になると固定をする期間が長くなるので治療期間がさらに長くなります。

肉離れのリハビリと予防法

2018.10.25 | Category: アスリート施術,手足のケガ

スポーツで肉離れを起こしたら(保険適用)

 

【おもな肉離れのリハビリメニュー】

 

ジョギングによる肉離れのリハビリ

近年ではジョギングを趣味としている人が増えてきましたが、その分トラブルに見舞われてしまう人も多くなっています。特にジョギングでは急に運動をしたり、いつも以上に頑張ってしまって肉離れを起こしてしまう人もいます。肉離れを起こしてしまった場合は必ず病院を受診し、医師の指示を受けて下さい。通常3日から4日で痛みが落ち着いてくるので、痛みが良くなってきたら仰向けに寝て、痛みがある足の太ももの裏を両手で抱えて筋肉をゆっくり伸ばします。次にうつぶせに寝て、痛みがある足をゆっくり上に上げます。この時無理をして足を上げ過ぎてしまうと筋肉に負担がかかってしまうので、ゆっくりと行って下さい。徐々に筋肉に負担をかけてリハビリを行いますが、決して一度に行わない様に注意して下さい。

 

水泳による肉離れのリハビリ

肉離れが起きた場合、リハビリには水泳が適しています。水泳は水の中で行う運動なので、当然水に入ると体が浮く「浮力」が働きます。浮力で体が軽くなり、通常の運動と違って体に負担がかからないので、肉離れのリハビリで激しい動きがまだできない場合、水泳はリハビリ用の運動として効果を発揮します。さらに水泳は水圧によって運動しながらのマッサージ効果もあるので、しばらく運動できなかった体の筋肉をほぐすことができます。ただし体に負担がかからないからといって、激しく泳ぐのは危険です。水中を歩くなどの軽めの運動で回復具合の様子を見ましょう。そして、水中でストレッチを温水プールですることをおすすめします。温かさで筋肉をやわらかくするのに効果的です。

 

自転車を利用する肉離れのリハビリ

肉離れが起きた際、足のリハビリを行うのに適した運動は自転車をこぐことです。自転車をこぐ行為は、運動量は多いですがランニングやウォーキングに比べて疲労を感じさせることがなく、スムーズにリハビリ運動を行うことができます。実際に自転車をこぐのも良いですが、ジムなどにあるエアロバイクも効果的です。エアロバイクの場合、雨が降った場合でも室内でできる運動で、お金に余裕があれば購入して自宅で運動をすることもできます。ジムなどにあるエアロバイクは、使用する人の運動量によって負荷のかけ方も調節することができるので、肉離れにより通常より激しい動きができない人でも、自分のペースに合わせた運動を無理なくすることができます。

 

 

自分でできる肉離れの対処法

肉離れを起こしたときには、安静にしましょう。まずはこれが大事です。急性期には患部を冷やしたり圧迫・挙上することで痛みが和らぐことがあります。 いずれにせよ、まずは整形外科や病院、整骨院接骨院の先生に相談し的確な施術を受けてください。

 

肉離れの予防のためには、歩行運動やマッサージを行い、日常的な動作の中で筋肉を使う場面を増やしたり、筋肉をほぐしておいたりすることが効果的です。 激しいスポーツをする人の場合には、目的の動きに必要とされる筋力を十分に身につけられるようトレーニングをしましょう。スポーツの前後には入念なストレッチを行い、筋肉を柔軟にしておくことが求められます。必要に応じて、激しいスポーツを行う際には、専門家の指導を受けるものいいでしょう

肉離れの原因

2018.10.25 | Category: アスリート施術,手足のケガ

肉離れの施術は、新宿ライオンハート整骨院では保険適用となります。

 

肉離れの原因

肉離れを起こしやすい筋肉にふくらはぎの筋肉「下腿三頭筋」があり、ジャンプの踏み切りや、全力疾走をしているときなどに起こります。下腿三頭筋は膝の裏から始まり、アキレス腱となって踵の骨についており、地面を蹴ったりつま先立ちをするときなどに足首を動かす作用を持っています。ここでは、ふくらはぎの筋肉を例に肉離れの原因について紹介します。

 

1筋力不足や筋肉の疲労

肉離れは筋肉が引き伸ばされる力に対し、筋肉が収縮する力が負けてしまうことで起こります。ジャンプの踏み切りの瞬間は足首が深く曲がり、ふくらはぎの筋肉が引き伸ばされます。その時に、引き伸ばされる力以上の力で筋肉を収縮することができれば、肉離れを起こすことはないのですが、筋力が不足していて収縮する力が負けてしまうと筋肉が断裂してしまいます。
また、試合や練習で疲れた状態で、いつもと同じように踏み切ろうとしたときも、いつものような筋肉の収縮ができないため、筋断裂を起こしてしまいます。

 

2柔軟性の不足

筋肉が収縮する力に対して引き伸ばされる力が大きいときに肉離れを起こすと言いましたが、引き伸ばされても筋肉の伸張性が高く、ゴムのようにのびて切れることがなければ肉離れを回避することができます。そこで、重要なのが筋肉の柔軟性です。

スポーツの前にしっかりとしたストレッチや準備運動を行っておらず、筋肉の伸びや血流が悪い状態で激しい動きをすると筋肉が引き伸ばされることに耐えることができません。ですから、日頃からストレッチをしっかりとして柔軟性を高め、特に運動前には念入りに筋肉の柔軟性を高めておくことが重要です。

 

3気候の変化

冬は夏に比べて体が硬いことを実感したことのある人もいるかと思いますが、いくら柔軟性を高める努力をしていても、気温が低いときは血流がよくなりにくく、筋肉も柔らかくなりにくい環境になります。ですから、いつもと同じストレッチや準備運動をしていても夏に比べて冬は肉離れの危険性が高くなりますので、注意が必要です。

 

また、一般的に肉離れは「クセになる」ことがあるもので、一度損傷を起こした部位が再び損傷を起こすことも珍しくはありません。痛みが引いても完治していない状態が多いので、治っていると自己判断して肉離れが起こる前と同じような運動を行い、同じような肉離れを再発させる人も多い症状です。完治したと自己判断することはやめ、病院や整形外科、整骨院、接骨院の先生と、運動を再開する時期を相談するようにしましょう。

骨盤矯正がおすすめ

2018.10.15 | Category: 骨盤矯正

骨盤矯正や産後骨盤矯正は、新宿ライオンハート整骨院におまかせください!

新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院では、姿勢の悪さや骨盤の歪みが、腰痛や首こり肩こりなどといった多くの人が抱える悩みにに繋がりやすいと考えています。そのため、なるべく多くのお客様に骨盤矯正を受けていただきたいと思い、効果的で安全な骨盤矯正を、安い価格、安心価格で提供できるように努めています。痛みなども全くないソフトな受け心地ですので、骨盤矯正や整体などをまったく受けたことがない方にも自信を持っておすすめしています。

 

骨盤の歪みとは?

骨盤は、身体の土台となる重要な部分です。背骨と大腿骨の間で上半身を支えるとともに、股関節を介して下半身とつながっています。骨盤は骨格の中心ともいえます。また、骨盤の中には膀胱、直腸、女性の子宮や卵巣があり、これらの臓器を守る大切な役割もあります。骨盤は大きな1つの骨ではありません。寛骨、仙骨、尾骨という3つの骨で成り立っていて、大腰筋、腸腰筋、骨盤底筋群などの筋肉によって支えられています。骨盤の歪みといわれているのは骨自体が変形しているのではなく、骨盤が本来あるべき場所にない、位置のずれということになります。

 

なぜ骨盤の歪みはなぜ起こるのか?

骨盤の歪みは交通事故やケガが主な原因で起こるわけではなく、日常生活や仕事での偏った動作に原因があるといわれています。骨盤の歪みを直しても、そのような動作の偏りを改善しない限り、再発しやすいとされています。日常生活での骨盤の歪みを起こしやすい動作を例にあげます。当てはまる項目が多い場合は特に注意してください。

 

  • 座るときに脚を組む
  • 椅子に浅く腰かけて後ろに寄りかかる
  • 横座りやペタンコ座り
  • 片足に体重をかけて立つ
  • 内股あるいは外股で歩く
  • うつむいて歩く
  • 脚をひきずって歩く
  • 猫背になりやすい
  • パソコン中心のデスクワークが多い

 

偏った動作を続けていると、筋肉や関節がその位置に固まりやすく、骨盤の歪みが起こることが多いと考えられます。固まってしまった関節や筋肉を十分緩めてから、骨盤の歪みを直していく必要があります。また、肥満でお腹が出ていると、骨盤を支えている筋肉が弱くなり、歪みが起こりやすくなります。骨盤矯正にはプロの施術がある程度必要といえますが、セルフトレーニングを付加したり、日頃の姿勢の改善に努めることで、骨盤の歪みを起こしにくい身体を作ることができます。

 

女性には骨盤矯正がとくに必要?

男性と女性の骨盤は大きさから機能までかなり違いがあります。女性の場合は生理周期に合わせて開閉するように動きます。しかし、骨盤が歪んでいると開閉がスムーズにできずに神経を圧迫するため、ひどい生理痛や生理不順などの悪影響の原因に繋がってしまいます。女性にとって骨盤は大切な臓器を保護する役割があるので骨盤の歪みには注意が必要です。女性特有の冷え性・むくみなども血流が悪くなることで起こる症状のひとつです。血流が悪くなり血液が身体の隅々まで行き届かなくなってしまうと、血液の届かない部位は冷たくなってしまいます。

意外と知られてないですが、じつは骨盤が歪むとお腹の周りなどに脂肪が付きやすくなります。これは骨盤の歪みによって内臓機能が衰えることが原因です。内臓機能が衰えると胃や腸などの臓器が下がり、骨盤内にある臓器が圧迫されます。すると、臓器の動きが鈍くなり代謝の低下を招いて脂肪が付きやすくなるのです。ですのでダイエットにも骨盤矯正は助けになります。骨盤が正常に動くと、骨盤内にあるインナーマッスルも正常に使えるようになるので代謝も上がりますし、姿勢もきれいになるので一石二鳥ですね。

 

 

整骨院での骨盤矯正は安い?

整骨院とは本来、健康保険(国民健康保険・社会保険・健康組合保険・共済保険・老人医療保険等)を適用して、捻挫、打撲、挫傷、脱臼、骨折などの施術を、柔道整復術を駆使して施術していきます。東京都新宿区の新宿ライオンハート整骨院では、それ以外にも骨盤矯正やカイロプラクティック、整体などの施術もお客様の健康を考えて施術しております。私たち柔道整復師といわれる国家資格者は、解剖学、生理学、運動学、一般臨床学、病理学、整形外科学等の筋骨格系の勉強を専門的に学び、国家試験を合格した「身体・運動器の専門家」です。安心して骨盤矯正や整体の施術を受けてください。

骨盤矯正や整体を健康保険適用にて施術するわけではないのですが、急性、亜急性の症状などにおいては健康保険適用(国民健康保険・社会保険・健康組合保険・共済保険・老人医療保険等)の形で、整体や骨盤矯正・カイロプラクティックの技や理論を応用した施術を適切に行っていきます。私たち新宿ライオンハート整骨院の社会的な目的は、地域医療を守り地域医療に貢献することだと考えています。なるべく良質な施術を提供できるように、そしてなるべく繰り返し継続してご来店できるように、適正価格、安心価格になるよう努めています。もちろん安いからと言っていい加減な施術や整体などではございません。国家資格を持ったプロの施術家の誇りにかけてしっかりと施術していきます。骨盤矯正や整体を新宿駅周辺でお探しのようでしたら、新宿ライオンハート整骨院にぜひご来院ください。

肩こりの原因とは?

2018.10.15 | Category: ストレートネック,首肩コリ

「肩こり」や「首こり」の原因とは??

 

「肩こり」と一口に言っても様々な症状のものがあります。新宿西口駅近くの新宿ライオンハート整骨院では、首や肩の筋肉や関節の捻挫症状がある肩こりや、微細な外力の蓄積、反復などにより肩こりの施術ならば健康保険適用が可能です。(治る見込みのない慢性疾患などは保険適用外となります。)整形外科などで「ストレートネック」と言われた方でも、肩こりに捻挫症状があるならば、肩こり施術で良くなりますのでまずはお気軽にご相談ください。ストレートネックを改善すれば驚くほど首や肩がスッキリし、「首が回るようになった!」「ものすごく軽くなった!」とお客様に好評です!

 

 

長時間のデスクワークやパソコンのやり過ぎ、スマホやタブレットの使いすぎで後頭部・首・肩・背中・肩甲骨の内側あたりがゴリゴリにこっていたりガチガチに固まっていたりしませんか?ひどいと吐き気がしたり後頭部やこめかみに頭痛がしたりするお客様は多いです。自分で後頭部を押してみても指が入らないしあまり効かないと思っている人は今すぐ新宿ライオンハート整骨院へ来てください!後頭部付近の首こりや肩こり、頭痛をスッキリ解消いたします。

ご存知でしょうか?女性が訴える症状の圧倒的な1位になっている「肩こり」病院や整形外科、西洋医学的考え方では、その肩こりうちの約80%はこれといったはっきりとした原因が分からないと言ってしまっていることを。しかし本当のところは、肩凝りとなるにははっきりとした原因があり、その原因がなくなれば必ずよくなります。「原因と結果の法則」にもあるように、肩こりという結果に対して原因がなければ肩こりにはなりません。 はっきりとした原因が分からないのは原因がないのではなく原因が特定できないだけです。その肩こりの原因がはっきり特定でき解消すれば、あなたの肩こりは必ずよくなります。

 

新宿ライオンハート整骨院では、体全体の歪み・骨盤の歪みの状態からその人の本当の原因になっている動作・姿勢・部位を探っていく診断過程を最も重要と捉えています。「木を見て森を見ず」ではいつまでたっても、根本的な肩こりの原因はなくならないのです。施術するポイントはそこではありません!自分が辛いと思っているところをどんなにマッサージや湿布を貼っても、その日は楽になるかもしれませんが、また翌日にはいつもの辛い肩こりに戻ってしまいます。肩こりが起こる原因が体の中にあり続ける限りはどんな施術しても、何度施術してもまた同じように肩こりになるのは当然です。よく「マッサージした後は楽になるんだけど、すくに元の肩こりに戻ってしまうんだよな…」という話をお客様から聞きますが、まさにこれです。お客様は肩こりの本当の原因が分からないので辛いところをマッサージして欲しいと頼みますが、そのとおり施術を行うことがかえって肩こりや首コリの長期化を促していることが多々あるようです。新宿ライオンハート整骨院で心がけている肩こり施術ポイントは体幹(脊椎や骨盤)の動き・肋骨や横隔膜などの呼吸に関係するような場所の柔軟性。肩甲骨と頭の位置と鎖骨・肩甲骨の胸郭の状態。頭と腕の負担が最も集中する脊椎と肋骨の一番上の部分などです。頑固な肩こりでお悩みでしたら、新宿西口駅近くの新宿ライオンハート整骨院の肩こり施術をおすすめいたします。

腱鞘炎による手首や肘の痛み

2018.10.15 | Category: 手足のケガ

腱鞘炎でお困りなら、新宿ライオンハート整骨院におまかせください!

腱鞘炎には痛み止めや湿布などの、一時的な処方では効果がありません。腱鞘炎の痛みを根本的に除去しなければ、痛みは慢性化してしまうのです。腱鞘炎は、手首、肘、指など仕事や趣味でよく使う箇所が痛みますので、腱鞘炎になってしまうと動作の一つ一つに痛みが生じてしまいます。腱鞘炎かどうか分からない場合でも、指や手首などに違和感があれば早期施術を開始した方が良いでしょう。新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院は腱鞘炎をはじめとする痛みの施術に特化した接骨院です。腱鞘炎による手首痛・肘痛・肩痛・腰痛・首の痛みでお悩みならば、当院の根本施術をお試しください。超音波やハイボルテージなどの痛みを速やかに改善する最新医療機器と、筋肉と関節に行う手技療法が効果的でおすすめです。病院や整形外科の施術はシップや飲み薬だけで満足できない方は、新宿ライオンハート整骨院にぜひご来院ください。また、腱鞘炎は各種健康保険適用ですので初めて来店されるときには健康保険証をご持参ください。

ストレートネックとは?

2018.10.15 | Category: ストレートネック

ストレートネック施術なら、新宿ライオンハート整骨院にお任せください。

新宿西口駅近くにある新宿ライオンハート整骨院のストレートネック施術を受けると、首や肩の違和感、不快感はもちろんの事、頭痛や背中の痛み、腰痛までもが楽になります。頸椎は身体の中でも非常に重要な場所ですので、きちんとした専門家の下で根本的な施術を続けていく事が肝心です。新宿ライオンハート整骨院の施術であれば、頚椎の歪みの改善はもちろん、ストレートネック由来の肩こり、姿勢の歪みなども改善し全身が元気になります。当院は土曜、日曜、祝日も受付をしていますのでまずはお気軽にお問合せください。

 

ストレートネックって何?

ストレートネックとは、首にある頚椎の前湾角度が30度以下の、首がまっすぐな状態の症状のことを指します。正常な首は頚椎の前湾角度が30~40度となっており、カーブを描いているのが特徴です。重さのある頭をバランスよく支えています。また、衝撃などから頭を守る役割もあり、正常であるカーブになっていることがとても重要です。しかし、ストレートネックの場合は首がまっすぐとなっているため、頭の重さを支える首への負担が大きくなってしまいます。頭を傾ける角度が大きければ大きいほど、首はその重さに耐えなければならないのです。この状態が続くと体のあちこちに支障をきたします。昔はストレートネックと言えば老化が原因で発症することがほとんどでした。しかし、近年では女性、主に20代~30代に増加傾向が見られます。どうして女性なのでしょうか??その理由として、首はほとんどが筋肉から出来ていますが、女性の方が男性に比べて筋肉が少ないため、なる確率が高いということです。

 

ストレートネックがもたらす身体症状

ストレートネックになってしまうと様々な症状を引き起こしますが、それは主に下記のような症状です。首の痛み・肩こり・頭痛・頭が重く感じる・上が向きにくい・腰痛・手のしびれ・めまい・耳鳴り・吐き気・胸やけ・また、酷くなるとストレートネックの影響で血流が悪くなり、脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血に罹ってしまう可能性もあると整形外科医もおっしゃっています。普段から首の痛み、肩こり、首こり・頭痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか。一見、ストレートネックと腰痛には何の関係もないように思えますが、ストレートネックになってしまうということは身体全体の歪みも引き起こします。その歪みは次から次へと連鎖し、骨盤、さらに腰椎にまで達します。その結果として腰痛になってしまうケースも多々あります。このように、ストレートネックになってしまうと体に良くないことがたくさんあります。この他に、ストレートネックになっていても、上記に挙げたような症状が現れない、というパターンもあります。知らず知らずのうちになっていることもありますので、いちど専門の病院や整形外科・整骨院・接骨院・整体院などで調べてもらうことをおすすめします。ストレートネックや猫背はだらしない印象を他人に与えてしまいがち。そういった意味からもぜひとも改善したいですね。ストレートネックは完全に治すには時間がかかります。病院や整形外科ではストレッチやマッサージ、薬を使った施術がありますが、これといった解決策ではなかなかよくならないのが現状です。しかし、ストレートネックになってしまったとしても、改善することは可能です。また、ならないためにも早めの予防が重要となってきます。新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院では頸椎から体全体の歪みを見ながらストレートネックの早期改善を目指して施術をしています。もしストレートネックが気になるならお気軽にご相談ください。

 

ストレートネックの主な原因

ストレートネックになってしまう原因には主に3つあります。1つ目は現代の生活の上で欠かすことの出来ないPCを使ったデスクワーク。2つ目は近年のスマートフォンの普及によるスマートフォンの使用。これらからわかるように、下を向いて作業をすることが増えてきたことによる原因が挙げられます。また、上記の二つ以外に、3つ目として、悪い姿勢のまま長時間過ごすことによってもストレートネックになってしまう恐れがあります。これらの3つはストレートネックという症状の他に、猫背になっているという共通の特徴があります。その他に、バレエやダンスなどの特殊な姿勢保持が原因で首がまっすぐになってしまうパターンもあります。こちらはメディア等で紹介されている現代の生活習慣が原因のものとは違いますが、ストレートネックの定義に当てはまるものです。このタイプは首の他にも背骨がまっすぐになっているため、姿勢が良く、猫背になっていないのが特徴です。交通事故やスポーツによって頭部や首が衝撃を受けてまっすぐになってしまうことや老化や加齢によっても発症します。つまり、私たちにとってストレートネックは他人事ではないものであり、いつ症状が現われてもおかしくないのです。

なぜ腰痛が治らないのか?

2018.10.15 | Category: 腰痛・ギックリ腰

腰痛の原因はどこだ?新宿ライオンハート整骨院に任せてください!

 

腰痛は男性が自覚する運動器の症状のトップであり(女性は2位)、そのうちの約80%は原因不明とも言われています。しかし、腰痛には必ず原因があります!「原因と結果の法則」にもあるように、腰痛という結果に対して原因がなければ腰痛は起こりません。原因不明は原因がないのではなく原因が分からないだけです。その腰痛の原因が分かり解消できれば、あなたの腰痛は必ず解消します。なぜ腰痛が治らないのか??腰痛の施術において最も重要なのは腰痛の原因が何なのかをはっきり解明することです。

しかし、現状ではほとんどの病院・整形外科・整骨院・接骨院・整体院・マッサージ院でははっきりとした原因が分からないまま痛みを感じている患部に施術を施すか痛み止めや湿布による対症療法を行っています。氷山の一角である見えている部分の痛みに対してアプローチしても、見えていない腰痛の根本的な原因部分に対してアプローチしなければ腰痛は治りません。ではなぜ分かっていても根本的な原因に対して施術を行わないのかといいますと、局所的な診断しか行わないという問題と腰痛の原因を解明する力がないからです。

 

新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院では、全身状態から体の歪み・骨盤の歪みなどを見て腰痛の真の原因を探していきます。「木を見て森を見ず」では腰痛は治らないのです。施術するポイントはそこではありません。痛みのポイントをどんなに施術しても一時的には楽になるかもしれないけどまたすぐに元の腰痛に戻ります。体に腰痛が発生する原因が残り続けているかぎり何度施術しても同じ結果になるのは当たり前です。よく「マッサージした後は楽なんだけど、次の日の朝になると元に戻っているんだよな…」という声を聞きますが、まさにこれです。お客様は痛みの原因が分からないのでつらい患部をマッサージして欲しいとお願いしますが、そのとおり施術するのはプロではなくアマチュアの施術です。施術するポイントがずれているのです。やるべき施術は痛みの原因に対しての施術です。

腰や骨盤は体の要であり、どんな姿勢・動作でも必ず腰に負担がかかります。 原因を探るときに必要なのはその人がどんな生活習慣を送っているのか?仕事の内容は?痛みが出た原因は?いつから痛くなったのか?などを詳しく聞いたうえで、体(関節)の可動域・骨格の位置・重心のバランス・体の歪みなどを見た上で総合的に判断していきます。では、腰痛の原因にはどんな事があるかというと、猫背などの姿勢不良・長時間の同じ姿勢・重心のズレ・同じ動作による使い過ぎ・食べ過ぎ飲みすぎなどによる腹圧の低下・柔軟性の低下・過去のケガや病気・関節のアライメント不良・外反母趾、偏平足、ハイアーチなどの足の変形など、姿勢不良・重心のずれ・可動域の低下などの体幹の問題から、上肢・下肢といったありとあらゆる要因がすべて腰に負担をかけるため、腰痛が起こるのです。こういった腰痛になりうるすべての原因から一人一人の痛みの原因を解明していかなければ腰痛は治らないのです。

新宿ライオンハート整骨院の腰痛施術は、初回は検査料・カルテ作成料も含めて2700円が基本となっております。(鍼灸施術を加えると+2000円です。)また、保険証が適用できる症状であれば2回目以降は1900円前後になる方が多いです。施術内容の質・ボリュームに対して価格をとても抑えてあるので「コストパフォーマンスいいね!」と大変好評をいただいております。腰痛施術で大切なのは、適切なペースで適切な内容の施術をするということです。薬でも運動でもそうですが、頻度・回数・分量を間違えると何をやっても良い結果は出ません。通院ペースを守ることは腰痛施術の効果を最大化するために必要なことなので、しっかりとした計画を持って来店してください。

試合前に摂取すべき食事・水分補給について

2018.10.09 | Category: アスリート施術

試合前に摂取すべき食事・水分補給について