TEL

産後骨盤矯正のすすめ | 新宿整骨院 | 新宿ライオンハート整骨院≪保険取扱い≫

お問い合わせはこちら

産後骨盤矯正のすすめ

産後骨盤矯正を新宿区でお探しなら、国家資格者が行う新宿ライオンハート整骨院の整体・骨盤矯正がおすすめ

骨盤矯正・整体・新宿・保険

産後骨盤矯正新宿区

産後骨盤矯正新宿西口

産後骨盤矯正おすすめ

産後骨盤矯正新宿

女性は妊娠・出産を経て骨盤が大きく開いてしまったり、ゆがんでしまったりすることが多いです。そのため妊娠以前の体重に戻りにくくなってしまったり、出産前のプロポーションが崩れていってしまったりなど、このような症状を抱えている方が新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院にはたくさん来院されます。
こうした症状に関しましては、新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院での産後骨盤矯正施術が効果的です。産後骨盤矯正施術を受けるのは、出産して早いうちの方が、効果も早く表れますのでお早めに新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院にお越しいただく事をお勧めいたします。
新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院の施術方法は骨をボキボキと鳴らすようなものではありませんので安心して施術を受けていただくことが出来ます。
まずはゆがみの状態をしっかりとチェックすることから始めますので、お客様一人ひとりに合ったオーダーメイド施術をしていきます。
新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院の産後骨盤矯正で骨盤のゆがみや開きを早期に改善し、代謝改善で産前のスタイルと痛みのない身体作りをしていきましょう。

産後の骨盤の歪みの原因は妊娠中の姿勢

妊娠中、お腹が大きくなると重心が前にかかります。そこで、身体のバランスをとるために、背中を反ってしまい「反り腰」になります。そのため、骨盤を前に引っ張る筋肉が強くなり、骨盤が本来の位置より前に傾いてしまいます。また、お腹が大きくなってくると床に座るときに、左右どちらかに足を投げ出す「横座り」になる方が多いようです。毎回、左右を変えるとよいのですが、いつも同じ方向を向いて横座りを続けると、股関節を痛めたり、骨盤をゆがませる原因となってしまいます。

女性ホルモン「リラキシン」の影響

妊娠をするとリラキシンという女性ホルモンが増えます。リラキシンとは、子宮弛緩因子とも呼ばれ、関節やじん帯を緩める作用があります。生理時の経血をスムーズに排出したり、分娩時に赤ちゃんが産道を通り抜けるために必要なホルモンです。リラキシンは、妊娠初期から分泌され、産後1~2ヶ月で分泌が終わります。医学的にリラキシンの分泌期間は所説あり、産後2~3日で止まるとも、6ヶ月くらい続くともいわれています。リラキシンの影響で、全身の関節やじん帯が緩んだ状態が続きます。 緩んでいる間は、筋肉が身体を支えるため、全身の筋肉が疲労します。なかでも、骨盤周囲の筋肉は出産のために疲弊していることから、身体を支えきれなくなり骨盤が歪みやすくなるのです。

産後の骨盤矯正の効果は?

骨盤が正しい位置に戻ると体の筋肉をきちんと使え、歩きやすくなります。そうすると体全体の血行がよくなり、筋肉もついてくることで基礎代謝が上がって、消費カロリーが増えやすくなります。消費カロリーが上がるということは、痩せやすい体になっているということです。産後に体重が停滞していたのに、骨盤矯正をはじめて1週間で1〜2kgくらい体重が減ったという事例もあります。産後の体重増加を解消するなら、出産してから6ヶ月間が重要です。骨盤矯正と産後ダイエット・産後リフォームを上手に行えば、効率よく痩せるだけでなく、スタイルが良くなる効果も期待できます。

新宿西口駅より徒歩2分の新宿ライオンハート整骨院では骨盤矯正用の特殊ベッドを使用して安全で効果的な骨盤矯正を行っております。出産後の骨盤の歪みが気になるようでしたらお気軽にご相談ください。