TEL

ランナー膝治療(膝の痛み) | 新宿ライオンハート整骨院│新宿区西新宿・肩こり・腰痛・骨盤矯正・整体・スポーツ障害・むちうち交通事故治療

お問い合わせはこちら

ランナー膝治療

ランナー膝ってなに?

膝痛、オスグッド

ランナー膝とは、ランニングが原因で起こるスポーツ障害の総称です。ここでは代表的な障害とその症状を見ていきましょう。

1腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)

ランナー膝の中でも特に多いスポーツ障害が腸脛靱帯炎ちょうけいじんたいえん)です。腸脛靱帯炎ちょうけいじんたいえん)とは、太ももを覆っている腸脛靭帯ちょうけいじんたい)が炎症を起こした状態のことを言います。主な症状はランニング時における膝外側の痛みです。一般的にランナー膝と言ったら腸脛靱帯炎ちょうけいじんたいえん)を指すくらい多くのランナーがこの障害に悩まされています。

2鵞足炎(がそくえん)

鵞足炎(がそくえん)もランナーに多いスポーツ障害の一つです。鵞足炎(がそくえん)とは、膝(しつ)関節の内側に集まっている筋肉に炎症が起こる障害のことを言います。主な症状は、膝の内側から股下にかけての痛みです。また、膝を屈伸した際にコリコリとした違和感があります。

3膝蓋腱炎(しつがいじんたいえん)

膝蓋腱炎(しつがいじんたいえん)もまたランニングによって起こりやすいスポーツ障害です。膝蓋腱炎(しつがいじんたいえん)とは、太もも前面の筋肉に負担がかかることによって膝の皿部分に炎症が起こる障害のことを言います。主な症状は膝の皿からすねにかけての痛みです。バレーボールやバスケットボールなど、ジャンプを繰り返すスポーツでも多く発生することから、ジャンパー膝とも呼ばれています。

ランナー膝になる原因は?

ランナー膝はどのような原因によって引き起こされるのでしょうか? 代表的なものを4つ紹介します。

1靴が自分の足に合っていない

ランニングをする際、靴が自分の足に合っていないとランナー膝が起こりやすくなります。その理由は、合っていない靴を履くことで足元が不安定になり、動きが制限されたり無駄な力が入ったりするためです。これによって足や膝に大きな負担がかかり、ランナー膝の症状が現れます。

2ウォームアップ不足

ウォームアップ不足もランナー膝になる原因の一つです。ウォームアップには、筋肉や関節の柔軟性を高め、けがを予防する働きがあります。しかし、ウォームアップを怠ると、筋肉や関節がスムーズに動きません。そのため、膝にかかる負担が大きくなり、ランナー膝を引き起こすのです。

3走るときのフォームが乱れている

ランニングフォームの乱れもランナー膝を招く原因となります。たとえば、「歩幅が大きすぎる」「飛び上がるような動き」などです。このようなフォームで走っていると、着地時に大きな衝撃が加わり、膝に負担がかかります。また、着地する際のフォームにも要注意です。極端な内またや外または、膝の動きにねじれを生み、ランナー膝を発症するきっかけとなります。

4度を超えた長時間のランニング

度を超えた長時間のランニングもランナー膝を引き起こす原因の一つです。過剰なランニングによって屈伸運動が何度も繰り替えされると、摩擦によって膝に炎症が起こります。痛みがあるにもかかわらず無理をすると、慢性化して回復が難しくなるため注意が必要です。

ランナー膝の対処法

ランナー膝の症状が現れた場合は、どのように対処すればよいのでしょうか?

1痛みや違和感が現れたらランニングを控える

ランナー膝を改善するためには、痛みや違和感が現れたらすぐに安静にすることが重要です。痛みがなくなるまではランニングを控え、膝に負担をかけないように心がけてください。

2炎症の起きている部分をアイシング

膝が熱を持って腫れているという場合は、アイシングが効果的です。アイシングをすることによって炎症を抑えることができ、痛みが緩和されます。

3大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)のストレッチ

ランナー膝を改善するためには大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)のストレッチが有効です。

ランナー膝を予防する3カ条

1正しいフォームをこころがける!

ランナー膝を予防するためには、正しいランニングフォームを身につけることが大切です。間違ったフォームは膝に大きな負担を与えます。できるだけ上下動を少なくし、重心の真下で着地することを心がけましょう。

2ウォーミングアップ・クールダウンをしっかりやる!

ウォーミングアップ・クールダウンの徹底もランナー膝を予防するためには欠かせないポイントです。ランニング前は軽いウォーキングから始め、体が温まったところで入念なストレッチをしてください。また、ランニング後は徐々に速度を落とし早歩きからウォーキングへと切り替えてゆっくりと呼吸を整えていきます。こうしたことを意識するだけで、ランナー膝を防ぐことができます。

3自分の足にあった靴で走る!

自分に合う靴を選ぶこともランナー膝の予防につながります。シューズの後方にかかとをぴったりとつけた際、つま先に1cmほどの余裕があるぐらいがランニングには最適です。最近では、足の計測をして一人一人に合った靴を提案してくれるシューズショップも増えています。より自分に合った靴を探したいという方は、そういった専門店に相談するのも良いでしょう。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)整形外科一般治療

ランナー膝の成因

腸脛靭帯は、腸骨稜から脛骨のガーディ結節に伸びている靭帯であり、この靭帯と大腿骨外側上顆との間で膝の屈伸の時に擦れ合い摩擦を引き起こすのがランナー膝である。そして腸脛靭帯と骨膜が直接刺激されるか、外側上顆の滑液包に炎症が起きて痛みが発症する。典型的なオーバーユースシンドロームである。

ランナー膝の症状

走りはじめではなく距離の増加とともに出てくる痛みで、膝の屈伸時の膝の外側の刺すような痛みが多い。所見としては大腿骨外側上顆の腸脛靭帯に圧痛・軽い腫れ・屈伸に伴う轢音がみられる。整形外科的検査法としては、腸脛靭帯に圧迫を加えながら膝の屈伸を行わせると痛みが誘発されるグラスピングテストが有名である。なお鑑別診断として外側半月板損傷がありMRI診断が有効である。

整形外科的治療

急性期にはランニング・ジョギングを中止させ患部の安静をさせる。また、慢性期のランニング開始時はストライド走法を避け、なるべく歩幅の狭いピッチ走法をさせる。坂道や路肩の起伏のある道は避け、芝生や土などの弾力のあるコースを選ぶ。練習後のアイシングを徹底させるとともに、大腿筋膜張筋から腸脛靭帯にかけてのストレッチやマッサージで患部の緊張を緩めるなどがよい。また、O脚などもランナー膝には負担となるのでO脚矯正などもすることが望ましい。