TEL

四十肩・五十肩の施術 | 新宿整骨院 | 新宿ライオンハート整骨院≪保険取扱い≫

お問い合わせはこちら

新宿 四十肩・五十肩施術

新宿で四十肩・五十肩の施術は、新宿ライオンハート整骨院がおすすめです

新宿で四十肩・五十肩などの肩の痛みの施術をお探しなら、新宿の整骨院・新宿ライオンハート整骨院にお任せください。四十肩・五十肩などの肩関節周囲炎は痛みが強く、肩が上がらない・洋服の脱ぎ着ができない・電車の吊革につかまれない・結帯動作ができないなど、日常生活に大きく支障をきたします。ひどい人は痛みで寝ることもできなくなります。四十肩や五十肩の施術は、病院や整形外科では湿布と飲み薬だけで終わりだったりしてお困りでしたら、新宿ライオンハート整骨院の施術をお試しください。健康保険適用(国民健康保険・社会保険・健康組合保険・共済保険・老人医療保険)ですので安心して施術が受けられます。

四十肩、肩の痛み

ハイボルテージ

超音波やハイボルテージなどの物理療法は、痛みを直接取り除いていくので急性期・炎症期の四十肩・五十肩などには有効です。肩の回旋腱板損傷や石灰性腱炎・肩峰下滑液包炎・上腕二頭筋長頭炎などの肩の痛み・肩甲骨の痛みにおすすめです。

新宿 四十肩施術

ストレートネック,整体,肩こり,矯正

整形外科、新宿区、保険適用、整骨院

新宿、西新宿、整骨院、整体、腰痛

 

「手が上がらない」、「後ろに回らない」、「ある角度で痛みが出る」このような症状が現れた場合は、四十肩・五十肩かもしれません。
四十肩、五十肩はその名の通り好発年齢が四十~五十代によく起きることから四十肩・五十肩と呼ばれ、肩周りの筋肉・骨・関節周囲の軟部組織が何かしらの炎症が起きている状態のことを指します。
四十肩・五十肩の原因は、はっきりとした原因は不明ということなのですが、肩周りの軟部組織が加齢に伴い退行変性していくことにより、関節可動域に制限がおき、肩が上がらないといった症状が起きてしまうのです。
もし症状を意識されたならば、とにかく無理に肩周辺を動かさず、安静にして新宿,新宿西口,西新宿のライオンハート整骨院までお越しください。
新宿,新宿西口,西新宿のライオンハート整骨院の施術法は基本的に痛んでいる場所よりも、全身の骨格のズレを整え、体のゆがみをなくしていきます。
その上で関係する首から肩・肩甲骨周り・腕・鎖骨周りなどを調整し痛みや緊張を取っていきます。今まで良くならず諦めかけていたという方、新宿,新宿西口,西新宿エリアのライオンハート整骨院が最後だと思い、是非お越しください。

四十肩・五十肩・凍結肩

一般に四十肩・五十肩と呼ばれる症状は、40歳以降に発生し、加齢や過労による肩甲骨を含む肩関節の構成組織の変性を基にして発症する、原因がはっきりしない肩関節の強い痛みと著しい運動制限をきたす症状を指します。または肩関節周囲炎とも呼ばれている。四十肩や五十肩は疾患名ではなく、肩の回旋腱板損傷や石灰性腱炎・肩峰下滑液包炎・上腕二頭筋長頭炎などを含む総称であったが、近年では、病院や整形外科での画像検査・関節鏡検査の進歩によりこれらを除外した、肩関節の痛みを伴った運動障害(拘縮)を四十肩・五十肩と呼び、凍結肩とも呼ぶ。お客様に痛みだしたきっかけを聞くと、車の運転中に後部座席のものを取ろうとして、または肩を挙げて仕事などをしていてといった、肩の水平伸展の動作時によく見られ、肩の前方の関節包の伸展も原因として考えられる。40代以降であること、明らかな原因がなく発症していること、強い痛みと運動障害があることが四十肩・五十肩の条件であるが、石灰性腱炎うあ腱板断裂などとの鑑別診断が必要である。

症状

40歳以降・とくに50歳~60歳に多い。症状は発症時に急性に現れるものや、徐々に現れるものもあり一定ではないが、肩関節の変形や外傷はなく、筋委縮もないかあっても軽度であり、腫れや熱感もない。日常生活においては髪をとかす、帯やエプロンの紐を結ぶ、洗濯ものを干すなどの、肩関節の外旋・内旋・挙上動作や後ろの物をとるなどの水平伸展動作が困難となる。