TEL

交通事故整形外科 | 新宿ライオンハート整骨院│新宿区西新宿・肩こり・腰痛・骨盤矯正・整体・スポーツ障害・むちうち交通事故治療

お問い合わせはこちら

交通事故整形外科

交通事故治療は、整形外科か新宿ライオンハート整骨院で治療をしっかり受けましょう!

 

新宿区 交通事故治療 むち打ち治療

交通事故の怪我によって、今後の人生が左右されてしまうような状態に陥ってしまうことも十分に考えられます。ご自身が気をつけて運転していても、いつ相手の車に衝突されるかなどは分かりません。万が一の事故の際にも、できるだけ早く通常の生活に戻るためには、お早めに交通事故整形外科や新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院を受診して治療を始めることが大切なポイントです。

患者様ごとに異なる治療内容

お身体の損傷部位や、損傷の程度、生じている症状などは患者様ごとに異なります。交通事故整形外科、もしくは新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院など、どのような医療機関で治療を受けた方が良いのかはお身体の状態に合わせていく必要が御座います。交通事故整形外科と新宿ライオンハート整骨院の治療を併用していただくことで素早い改善につながるケースも多いので、気になる症状が御座いましたらお気軽にご相談ください。

最後まで交通事故整形外科などで治療を続けましょう

症状をとりあえずお薬で抑えるというだけでは、今後また再発してしまう可能性も御座います。中途半端な状態にせずに、交通事故整形外科や新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院の専門家の指示に従って最後までしっかりと治療を続けていくようにしましょう。

交通事故で負傷を負ってしまったら、どの病院、どの科を受診すれば良い?

交通事故の被害者となった場合、外傷があったり、骨折が疑われたりする場合は救急車で病院に搬送され、外科的治療を受けることとなりますが、それ以外の場合は、どの科で診断を受けるのが良いのでしょうか。例えば、むち打ち症かもしれないと感じた時に、整形外科を受診するのか、整骨院・接骨院に行くのかの判断が難しいと感じる人がいるかもしれません。しかし、そういう時は必ず、最初は医師のいる整形外科に行き、診断を受けるようにしましょう。

まずは病院や整形外科で医師の診断を受けることが重要

損害賠償請求を行うためには、医師が作成する診断書が必要です。そして、交通事故による負傷であることを証明するためには、事故後すぐに医師お診断を受けるべきなのです。軽い負傷であれば、時間が経ってしまうと交通事故による負傷なのかどうかの判断がつかなくなり、診断書を作成してもらうことが難しくなります。示談交渉においても、事故日と診断日がずれていれば、本当にそれが事故による負傷なのかを疑われることになります。診断書が作成できるのは医師のみです。医者診断書作成は、法的には医師(歯科医師、獣医師含む)のみに認められているものです。特に後遺障害診断書は、医師が作成したもののみが有効とされています。後遺障害の認定を申請する段階になっていきなり整形外科を受診しても、被害者にとって十分な後遺障害診断書の作成は難しいのです。まずは病院や整形外科で医師の診断を受け、医師に相談しながら柔道整復師が行う整骨院・接骨院に通うことをお薦めします。