TEL
MENU

坐骨神経痛・腰痛治療

坐骨神経痛による、腰痛・お尻の痛み・ももの痛み・足の痛み・足のしびれなどは、新宿区西新宿の、新宿ライオンハート整骨院へ

 

新宿・整骨院・腰痛・ぎっくり腰・整体

肩こり,腰痛,ぎっくり腰,新宿,新宿西口

坐骨神経痛による、腰痛やお尻~ももにかけての痛み・すねやふくらはぎの痛み・足のしびれなどは、神経圧迫を取り除けば治っていきます。坐骨神経や抹消の神経を圧迫している原因は、骨盤の歪み、関節の歪み、筋肉と筋膜の歪みがほとんどですので、矯正治療が有効です。

新宿、西新宿、整骨院、整体、腰痛

 

坐骨神経の働きは、下肢の筋肉に脳からの命令を与えることで「動き」の制御を行っており、とても重要です。そのため下肢にシビレや痛みを感じる際は、坐骨神経痛と呼ばれています。新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院では、そのような坐骨神経のしびれや痛みをきれいにとっていきます。
主な症状は、痛み・筋肉が突っ張るような違和感・鈍痛・シビレ感・麻痺などです。これらの症状が強くなると、強い痛みなどが出現し日常生活動作に支障をきたすことがあります。 坐骨神経痛は、腰部ヘルニアや老化現象の一つと言われる腰部椎間板症を原因として起こる場合と、原因がなく単独でおしりや太ももや足先などに痛みやシビレがでるという場合があります。新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院の治療はマッサージや電気治療、腰の矯正、骨盤矯正などを行います。
また、その原因は何から来ているのかもしっかりと診ていきます。
病院や整形外科でレントゲンやMRIをとって異常がなくて原因が不明な場合も多くありますが、痛みの原因は一つではありません。そのときは新宿ライオンハート整骨院が得意とする、手技療法や骨盤矯正を使って原因を探っていき、痛みの早期改善を目指しましょう。

梨状筋症候群とは?

坐骨神経痛を引き起こす代表的な症状として、椎間板ヘルニア・ギックリ腰が挙げられます。しかし坐骨神経痛を引き起こすその他の原因も数多くあります。ここでは、余り知られていない「梨状筋症候群」と坐骨神経痛の関連性を紹介したいと思います。まず、梨状筋とはどの筋肉を指しているのでしょうか。お尻の筋肉は、大殿筋・中殿筋・小殿筋の3種類で構成されています(殿筋群)。梨状筋は、これらの筋肉の深部に位置しています。言うなれば、インナーマッスル(大殿筋・中殿筋・小殿筋をサポート)です。そして、梨状筋よりさらに深部に位置する神経…それが、坐骨神経なのです。みなさんは、日々の生活で階段を使うことがありますか。 階段の昇降・足を振り上げる行為等々は、大殿筋の役割です。しかし、階段の昇降といった行為自体が激減している現在、大殿筋の役割は減少の一途をたどっています。つまり、大殿筋の機能が十二分使われていない状態にあるのです。それによって、中殿筋・小殿筋に対する負荷が大きくなってしまいます。中殿筋・小殿筋の負荷が大きくなる=筋肉の硬直を意味します。そして、梨状筋も圧迫され始めます。圧迫が増大に達した瞬間、坐骨神経痛を併発してしまうのです。梨状筋が緊張する原因として考えられる様々な動作…車の運転による長時間の座位姿勢・お尻への外傷・ゴルフなどのある特定スポーツ等々。では、梨状筋症候群によって併発した坐骨神経痛を、どのような方法で機能回復させればいいのでしょう。もちろん、梨状筋への圧迫を和らげる必要があります。それには大殿筋・中殿筋・小殿筋の筋力バランスが重要になります。特に機能不全状態に陥っている大殿筋を強くすることで、筋力バランスが整えられていきます。例えば壁に手を添えて、足を後ろに引っ張り上げる(両足各20回)…このようなストレッチを行うことで大殿筋が鍛えられ、筋力バランスを持ち直してきます。さらに圧迫した中殿筋・小殿筋の筋肉や筋膜をほぐすことによって、梨状筋の圧迫も軽減することができます。そしてなによりも骨盤矯正を行い骨盤の歪みや体全体の歪みを整える治療がとても有効です。梨状筋症候群とは、梨状筋に関わる原因によって起こる病状の名称です。坐骨神経のすぐ上に位置することもあり、梨状筋症候群=坐骨神経痛と判断され(症状も同じ)、梨状筋症候群という名称を使わず、病院や整形外科ではそのまま坐骨神経痛と診断されるケースがほとんどだと言われています。坐骨神経痛と診断されていても梨状筋症候群ならば症状を改善するのは想像以上に簡単です。もし坐骨神経痛が気になるようでしたら新宿西口駅徒歩2分・新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院へお気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

ライオンハート整骨院

所在地〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-7豊ビル2F
予約予約優先制とさせていただきます。
電話番号03-5937-2448
休診日年中無休
院長小永 竜弥