TEL
MENU

ぎっくり腰・腰痛治療

ぎっくり腰・腰痛を早く改善したい人は新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院の専門治療を受けてみませんか?

 

新宿でぎっくり腰・急性腰痛になったら新宿ライオンハート整骨院におまかせください。炎症の起きている患部にはアイシング・超音波・ハイボルテージなどの物理療法にて速攻痛みを抑えていきます。また、筋肉や筋膜・関節なども状態をみながら手技療法にて調整していきますので、ほとんど歩けもしなかった患者様がスタスタ歩いて帰っていけるようになるのもよくある光景です。急性腰椎捻挫なののぎっくり腰は健康保険適用ですので安心してください。急性期は1週間くらいコルセットなどで固定して過ごしていただくことを推奨しております。コルセットの貸し出しなどもございますのでお気軽にご相談ください。

肩こり,腰痛,ぎっくり腰,新宿,新宿西口

新宿、西新宿、整骨院、整体、腰痛

ぎっくり腰とは、今まで感じた事のない痛みに襲われます。その痛みから昔の欧米では「魔女の一撃」と称され、とても恐れられています。
ぎっくり腰に関わらず、怪我というものは適切な治療を受けなければ治癒しません。「マッサージだけされて全然よくならない」「電気だけで治療が終わってしまった」など、患者様から沢山聞いてきました。
新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院は慰安目的の治療は一切行わず、痛みの根本から治していきます。
ぎっくり腰と言っても、人によって症状には差があるもので、一人一人の症状を見ていくことが良い治療に繋がっていくと考えております。新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院では、一人一人の症状を適切に判断し、腰痛の改善、腰痛自体の予防のためのアドバイスをしています。痛みを放置してしまうと、更なるトラブルに繋がってしまうこともあるため、慢性的な痛みにしてしまわず、適切な時期に、それぞれ個人に合った、適切な治療を行なっていくことが重要となります。
新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院は、ぎっくり腰について多くの臨床経験や知識、技術を持っているスタッフがいますのでご安心して治療を受けてください。

知っていますか?ぎっくり腰の基礎知識

「ぎっくり腰」という言葉は、みなさん聞いたことがあると思います。「急に腰が痛くなって立つこともできなくなる」このような症状を世間一般的には「ぎっくり腰」と呼んでいます。医学用語的には「急性腰痛」といい、痛めている場所や部位により細かく部類分けされています。ぎっくり腰と一様に言っても、患者様によって症状のでかた、重症度は様々です。「重いものを勢いよく持ち上げたら、急激な腰の痛みが走った。」「腰を捻ってから急に動けなくなった」「日中、少し腰に違和感があったがだんだん痛くなってきて立てなくなった。」「靴下を履こうとしたら急に腰に痛みが走った。」などなど、発症の起点は様々ですが全て「ぎっくり腰」であることは間違いありません。一般的には、何かの拍子に急に痛くなるイメージが強いですが、だんだん痛くなってきて、立てないくらい辛くなってくる腰痛でもぎっくり腰であることもあります。おもな好発年齢は20代~60代。比較的どの年齢にも起こります。高齢者になってくると急激に腰に力を入れることが減ってくるためぎっくり腰は起こりづらくなります。高齢者で急激に痛む腰痛の場合はまずは腰椎圧迫骨折を疑った方が良いでしょう。そのため75歳以上高齢の方はまずはお近くの病院や整形外科・クリニックへ受診しレントゲン・MRI・CTなどの検査をすることをお勧めいたします。

なぜぎっくり腰が起きるのか?

ぎっくり腰には筋肉性のぎっくり腰と、体の歪みからくるぎっくり腰の2パターンに大きく分かれます。筋肉性のぎっくり腰とは、急に物を持ち上げたりして腰を酷使することによりぎっくり腰が起きると思っている方が多いと思いますが、実はぎっくり腰を起こす前に腰や臀部、下肢にかなりの疲れが溜まっている状態で、物を持ち上げた時に限界を超え、ぎっくり腰を起こすのです。例えば疲れが100を超えるとぎっくり腰になると仮定してお話をします。座りっぱなしの姿勢が長かったり、ゴルフをたくさんした、大掃除をしたなど日常生活で腰の疲れが99まで溜まった状態で、何か物を持つなどの動作をした瞬間、疲れが100を超え、急激な腰痛へとなってしまいます。ですから、大事なことは普段から腰に疲れを溜めないようにしていると、ぎっくり腰は起きづらくなります。特に日常的に中腰姿勢で何か作業をする方などに起こりやすいです。次に体の歪みによるぎっくり腰とは、デスクワークの方や普段同じ姿勢で何か作業をする方に多いぎっくり腰です。同じ姿勢を続けていると骨盤がゆがんできます。人間は元々動物であるためじっと同じ姿勢をとっていることが得意ではありません。そのため、一見座っているという姿勢は楽な姿勢に感じますが、我々の体には負担をかけていることになります。長時間座っている状態を何日も続けていると骨盤は徐々にゆがんできます。ゆがみも許容範囲内であれば痛みを起こさないのですが、ゆがんだ状態で何か重いものを持ったりするとさらにゆがみを増強させることになり、ぎっくり腰を引き起こすことになります。あとは捻挫(ねんざ)によるぎっくり腰などもあります。背骨は小さな骨が連なって一つの棒のような形を形成しています。一つずつの骨と骨とは椎間板と椎間関節でつながっているのですが、骨同士が外れないよう椎間関節を硬いゴムバンドのようなものでとめています。これを靭帯(じんたい)といいます。かなり強い力で重いものを持ち上げたり、無理な姿勢で重いものを持ったりすると靭帯が伸ばされて損傷を起こすことがあります。ぎっくり腰を何度も繰り返している方は、一度痛めたところが完璧に完治していなく、痛めた部分に疲労が溜まりやすくなり、繰り返しぎっくり腰を起こしてしまうのです。痛めた部分をしっかりと治せば、繰り返していたぎっくり腰も起きなくなります。

ぎっくり腰を繰り返す人はおおよそ以下の3種類の部位が痛んでます。

①急性の筋肉・筋膜性腰痛

→疲労の溜まった筋肉は硬くなり、その状態で筋肉を使ったため、筋肉が断裂してしまった。いわゆる筋肉性のぎっくり腰です。断裂した部分をしっかり治さないでアイシングのみで痛みが治まるのを待ち、痛みがあるなか再び運動や重労働を続けると、筋肉にしこりが残りそこを中心に痛みが慢性化してしまいます。

②椎間関節捻挫・仙腸関節捻挫

→急激な捻り動作や勢いよく物を持ち上げた時に、背骨と背骨の関節がズレないように補強しているゴムバンドのようなもの(靭帯・じんたい)が、伸びてしまったり、部分的に断裂してしまったりする。このぎっくり腰の場合、椎間関節にゆがみが残ることがあります。この状態で日々の生活をしているとぎっくり腰を再び起こしやすい状態になってしまいます。

③椎間板症・椎間板ヘルニア

→背骨と背骨の間に挟まっている軟骨(椎間板・ついかんばん)が、腰を酷使することにより、外へ飛び出して神経を圧迫し痛みを起こす。

ぎっくり腰を起こしてすぐでは上記3つについての症状の差はほとんどありません。どの腰痛も急性期は炎症がかなり強く激痛を招くため、症状だけで種類を分けるのは患者さんご自身では難しいと思われます。専門の病院・整形外科・整骨院・接骨院・鍼灸院などに行かれることをおすすめします。もちろん、新宿西口駅徒歩2分・新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院ではしっかりとしたぎっくり腰・腰痛の治療ができますので安心してご相談ください。ぎっくり腰などの急性腰痛は健康保険適用での治療となりますので健康保険(国民健康保険・社会保険・健康組合保険・共済保険・老人医療保険など)をお持ちください。

当院へのアクセス情報

ライオンハート整骨院

所在地〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-7豊ビル2F
予約予約優先制とさせていただきます。
電話番号03-5937-2448
休診日年中無休
院長小永 竜弥