TEL
MENU

足首の捻挫・治療

新宿で捻挫・足首を捻った方は、新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院まで。捻挫の治療は整形外科だけではなく、整骨院も専門です。

 

ねんざで足首の腫れがひどい方や、捻挫して痛みが引かない方は、新宿ライオンハート整骨院がおすすめです。超音波とハイボルテージのコンビネーション治療で痛みも腫れも速やかに抑えていきます。捻挫・肉離れなどの消炎鎮痛に大変効果的な物理療法です。

ハイボルテージ

足首の捻挫新宿区

捻挫 ねんざ 肉離れ 整骨院 保険

足首の捻挫は捻挫のなかでも一番多い症状です炎症期は包帯固定などの固定方が大切ですが、受賞直後で痛みが強く足首の腫れがひどい時でも足関節の整復を行ってから包帯固定法を行ったほうがその後の予後が断然良いです。足首の整復をせずに固定をすると、しばらくたってから足首の可動が減少したり足首に力が入らなかったりすることもあります。病院や整形外科では保存療法が一般的ですので、その後の関節の可動域なども気になる方は当院にお気軽にご相談ください。

新宿、西新宿、整骨院、整体、腰痛

整形外科、新宿区、保険適用、整骨院

ふとした拍子にぐりっと足首を捻挫してしまうと、ひどい場合だとパンパンに腫れてしまい内出血をして足を着くのも痛くなります。さらにひどい捻挫の場合だと、足の甲に痺れが出てきてしまい松葉杖をついて何ヶ月も生活している方もいます。ちゃんと治療を受けておかないと、靭帯が切れたり、骨折をしたりしている場合があるので注意が必要です。

しかし、それ以上に怖いのは軽い捻挫です。軽いからと言って「放っておけばそのうち治るだろう」と甘く見てしまうと、あとで後悔をします。しっかりと早いうちから治療を受けましょう。のちのち、急に足首に激痛が走ったり、歩いても走っても足首がグラつく感覚が消えてなくなってしまいます。何度も捻挫を繰り返しクセになってしまうと、運動をするたびに捻挫をしてしまったり、大好きな運動をガマンしなければならなくなり、苦しい思いをする事になります。ひどい場合だと、数ヶ月、数年、痛み続ける事もあり、病院や整形外科では手術が必要といわれることもあります。

ですから、捻挫をしたら出来るだけ早期に正しい治療を受ける事です。捻挫・挫傷などの急性のケガは健康保険適用になりますので保険証を持参して、病院・整形外科・整骨院・接骨院などに行きましょう。

捻挫 腫れ ねんざ

まず捻挫にはどのようなものがあるのか解説します。

内反捻挫と外反捻挫

足首の捻挫は足の内側が上を向いてしまうような捻り方で損傷するケースが多いです。この捻挫を「内反捻挫」と呼び、逆に足の外側が上を向いてしまうような捻り方を「外反捻挫」と言います。これらは軽度~中度の状態が多いです。症状の特徴としては、主に腫れがあります。腫れが出るのは3段階中における2度~3度の捻挫です。一見、ささいな腫れであまり重症ではないと思っていても、実際には靭帯が完全に断裂した3度に陥っている可能性があります。そのため、放置すると別の靭帯まで損傷することが考えられます。

 

捻挫した時の対処法(RICE処置)

足首捻挫の対処法には「RICE」を念願に置いた処置を行うことも必要です。RICEとはRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字です。

RICE処置は、ケガをした本人を安静な状態にして、患部を冷却した後、冷やして腫れと内出血を抑えます。次にテーピングなどで患部を圧迫しさらに、内出血と腫れを抑えます。最後の拳上は、患部を高い位置に持ち上げることを指しており、足を負傷した場合は足を伸ばして座らせるか、足の下にタオルなどを置いて位置を高くします。このような処置は、血液が流れる量を抑制できるため、腫れがひどくなるのを防ぐことができます。足首捻挫の他に手首の捻挫など、あらゆる負傷でRICEは基本となります。この4つを覚えておくと、いざというときに適切な処置を行えるためおすすめです。

 

捻挫の受診は整形外科?整骨院?整体院?

捻挫だと思っていたら、脱臼や骨折だったという場合もありますのでどこで受診するかは慎重に考えましょう。捻挫の専門は整形外科か整骨院です。間違っても整体院には行かないでください。また、捻挫の場合も、応急処置後に適切な処置を行わなければ、症状が長引く可能性や、後遺症が残る可能性もあります。応急処置の後は、一度整形外科でレントゲンやMRI検査を受診しておくと安心です。

 

整形外科や病院で行われる捻挫の一般的な治療

整形外科や病院で行う捻挫の治療法は、保存療法(手術以外の治療法)と手術療法にわかれます。

①保存療法

軟部組織の損傷程度が軽い場合は、一般的に保存療法が選択されます。受傷後早期に損傷部をギプスやテーピングで固定し、患部に体重がかからないようにすることで安静をはかります。リハビリを行う場合は、腫れが少し落ち着いてからとなります。

②手術療法

患者と病態によっては、手術療法を適応する場合があります。重度の軟部組織損傷をともなう場合や、若い患者かつ活動性が高い場合、スポーツへの復帰を望む場合、足首の外側の前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)と踵腓靭帯(しょうひじんたい)のすべてが切れていて、かつリハビリの後も足首が不安定な場合などに、手術療法が検討されます。手術の時期は、受傷後すぐの急性期に行われる場合と、腫れが落ち着いた亜急性期に行われる場合、さらには、保存療法の経過を観察したあとの慢性期に行われる場合があります。手術では、縫合や人工靭帯などによる靭帯・腱の修復、損傷半月板の修復などが行われます。手術内容に応じて、麻酔方法(全身麻酔か局所麻酔か)や、手術アプローチ(切開手術か、関節鏡手術か)が選択されます。

 

捻挫の一般的な経過

ごく軽度の捻挫の場合は、受傷後数週間で腫れや痛みが消失し、そのまま日常生活に復帰できます。しかし、重度の捻挫の場合は、症状の改善までに数か月以上かかることが多いでしょう。腫れが落ち着いた後は、テーピングやサポーターなどを利用しながら、積極的にリハビリを行うことが有効です。リハビリ内容としては、電気療法、超音波療法に加え、休んでいる間に衰えた身のこなしや敏捷性、柔軟性を取り戻すための運動リハビリが適切です。電気療法・超音波療法には、患部を温めることにより筋肉を緩める作用があり、消炎、鎮痛、むくみの軽減などを目的に行われます。しかし、筋力や筋肉の柔軟性をあげる効果や、関節可動域を改善するような効果はありません。これらの効果を狙う場合に、運動リハビリが選択されます。受傷後、スポーツへの復帰は、日常生活が不安なく過ごせるようになってから許可されることが多いでしょう。しかし、復帰後早期には、筋力や筋肉の柔軟性が衰えていることもあり、患部をかばって新しいケガをしかねません。その予防のためにも、腫れが落ち着いた早期から、積極的に運動リハビリを行うことが推奨されます。

 

捻挫の予防法

一度捻挫すると、繰り返し同じ場所をケガしやすくなるという説があります。捻挫予防は、トレーニングにより、ケガをしないような体の使い方をふだんから身につけておくことがもっとも有効です。しかし、ケガのリスクが高いスポーツを行う場合や、すでに一度ケガをしたことがある場合には、サポーターやテーピングを使用し、痛めそうな関節をあらかじめ固定しておく処置が適切です。

 

新宿区西新宿の新宿ライオンハート整骨院では、足首の捻挫のスペシャリストである柔道整復師が治療いたします。アイシング・包帯固定・テーピング・超音波・高電圧治療・干渉波・手技療法などを使って、捻挫の応急処置からリハビリまでしっかりサポートいたします。

足首捻挫・テーピングによるリハビリ例

キネシオテーピングやホワイトテーピングを使って足首捻挫のリハビリなども可能です。リハビリの基本は、損傷した靭帯・関節の可動域・筋力・バランス調整や反射・反応などの神経系などを回復させていくことです。

足首捻挫受傷初期

捻挫をすると、足関節のぐらつき不安定性が強くなってしまいます。ぐらついた不安定な状態では傷んだ組織の回復が遅れてしまいますので、最初は動きを制限するようにホワイトテープなどで強めに固定し、組織の回復重視でいきます。

足首捻挫回復リハビリ期

傷んだ靭帯が徐々に回復し、関節のぐらつきが減ってきたら完全に固定するのではなく、「危ない動きだけを制限する」固定力が適度なテーピングにしていきます。多いのは足首を内側にひねる動きを制限するテーピングです。この状態は足首を内側に捻れないように固定するものの、ある程度曲げ伸ばしもできます。必要以上に動きを制限せずに足首をそれなりに動かすことが柔軟性の回復につながります。また足首回りの筋肉を適度に使うことは筋力のリハビリにもなります。

足首捻挫の予防期

損傷した靭帯が回復したら、再び傷まないように、より簡単な関節サポートテープやキネシオテーピングに変えます。多方向に動かせることで柔軟性が養われ自分の筋力で関節を安定させる割合も多くなるので、筋力を回復させることが可能です。

整形外科学的に見る足関節捻挫

ひどい足関節の捻挫は靭帯断裂である。足関節の捻挫は、損傷する靭帯によって外側靭帯損傷・内側靭帯損傷・脛腓靭帯損傷に分けることができる。また足首を捻った時の状況によって、内返し捻挫と外返し捻挫とにも分けられる。足関節捻挫は、不安定性・反復捻挫、または痛みなどの後遺障害を残すことがあり、経過期間によって新鮮例と陳旧例とに分類できる。

外側靭帯損傷

足関節捻挫の多くは内返し捻挫であり、外側靭帯を損傷することがほとんどである。前距腓靭帯→踵腓靭帯→後距腓靭帯の順に断裂していくと考えられている。足関節と距骨下関節は靭帯を共有している複合靭帯なので、靭帯断裂時には骨間距踵靭帯も同時に損傷している例などもある。外くるぶしを中心に痛みや腫れ、皮下出血が出る。歩行困難なケースも多い。陳旧性の場合は、機能的不安定性と呼ばれる足関節の不安定性、外くるぶしの痛み、反復性の捻挫を伴う症状を訴える後遺症の頻度が高くなる。この症状は靭帯の不安定性の程度と必ずしも比例してはいない。

内側靭帯損傷

外返し捻挫によるものが一般的であるが、過度の内反による外側靭帯との合併損傷や、外反と外旋との複合による脛腓靭帯との骨折などもある。

脛腓靭帯損傷

足首の外反・外旋によるものがほとんどで、内くるぶしの骨折を合併していることが多い。

靭帯損傷の整形外科的治療

靭帯断裂の治療の基本は、保存療法と外科的手術の2パターンに分けられる。原則的には内・外靭帯のうち片側だけの損傷であれば保存療法を優先し、両方の靭帯が損傷してしまっている場合は外側靭帯のみを手術を行う。脛腓靭帯損傷では、脛腓間が開いてしまっていれば手術となる。保存療法は、足関節装具を使って早期荷重歩行させる機能性装具療法(サポーターなど)が、ギプス固定などよりも多く行われる。ケガした直後で荷重できない症例では。1週間以内のU字副子を使って固定し、荷重歩行できるようになったら、足関節の内反外反をおさえる機能的装具に変えて歩行のみをリハビリしていく。夜は副子を使って中間位に固定し挙上させる。装具下のジョギングなどは4週間経過後~許可し少しずつ運動を増やしていく。その後~3ヶ月までの運動は装具下にて行う。

足首捻挫のQ&A 新宿ライオンハート整骨院

Q 足首の捻挫はどれくらいで治りますか?

A 足首捻挫の程度によりますが、普通の捻挫なら1週間~10日くらいで炎症や腫れがひきます。痛みや違和感が抜けてくるのは2週間~4週間くらいが多いです。

当院へのアクセス情報

ライオンハート整骨院

所在地〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-7豊ビル2F
予約予約優先制とさせていただきます。
電話番号03-5937-2448
休診日年中無休
院長小永 竜弥